ラインセンサの回路(メモ)

お久しぶりです、オキナワです。学園祭で忙しくてロボット作りが滞っていましたが、これから本格的に活動していく予定です。

僕が最初にすることになったのはラインセンサの開発でした。
ラインセンサはコートの白い線に反応してロボットがコートの外に出ないようにするために付けます。
僕が渡された素子はTPR-105Fという素子でした。LEDで赤外線を出して反射して戻ってきた赤外線の量で色(白と黒の成分)を調べる素子のようです。
反射して戻ってきた赤外線の量が多ければ多いほど電圧が高くなります。
とりあえず保護抵抗とプルダウン抵抗をつけておけば動きます。

※注 この回路図間違えてます。4をGNDに繋いで3をVCCにつなぎます。

回路図

OS Xの回路図を書くためのソフトが欲しい

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中